整備・点検とは実は別個の問題



触る部分・触らない部分を明確にして、さらにそれに関する見積もりも出してもらえば、何故それだけの費用が掛かるのかということにも納得がいくものと思います。ちなみにこの部分は法律で決められたものですから、一切値引きは利かず、また払わなければどんな車でも車検を通すことすら叶いません。

つまり、無駄な出費を抑えたくば、ディーラーなり整備工場なりとしっかりと打ち合わせをすることこそ大切。車検を通す「だけ」ならば、車が完全に車検に通る状態であれば、エルグランドですと重量税(約6万)+自賠責(約3万)+印紙代等(約1万)のみで済みますし、その他の整備費用など1円も要りません。

そこからプラスアルファのコストが掛かる理由は、その車検を通すために掛かる整備のコストであり、またその先1年やら2年といった期間を無事に過ごすための整備に掛かるコストです。しかし、その他の整備に掛かる部分に関しては前途の通り実は車が良ければ「整備しなくても良い」部分でもあります。

基本的に車検というものは、現状で公道を走ってよい状態の車かを検査するだけですので、その他に付随する整備・点検とは実は別個の問題です。

軽自動車 車検 Q&A トップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。