軽自動車を抹消登録後、ユーザー車検をする場合






所有していた軽自動車を廃車手続きをし、保管をしておりました。
エンジンは数週間ごとにかけてもらったりしていました。

また車を使用することになったので、時間もある程度ありますので、ユーザー車検をしようと考えています。

現在所有者は夫名義になっており、夫は単身赴任中で他府県に住所を置いており、使用するのは妻である私です。

私たちはこの車を買った際、同一市内ではありますが、今住んでいる住所とは違うところに住んでいました。

住所は旧住所になっているのと、これから車検の手続きをするのに何が必要なのか、またユーザー車検をする際、どの辺に気をつけたらよいのか教えていただけますと大変うれしいです。








回答

1、
手続きに関しては普通自動車での知識ですので、詳しくは所轄の軽自動車協会へ聞いてみてください。

親切に答えてくれると思います。まず、ご主人の名義とのことですが、おそらくご主人に代わって奥様が手続きをできると思います。旧住所と新住所が記載されているもの(例えば住民票)が必要になると思います。

その他、印鑑証明等だったはずです。(車庫証明の必要な地域<大都市部>の場合は、車庫証明も必要です)


2、
ユーザー車検は車検場近くの「テスター屋さん」「予備車検場」に行って、あらかじめ検査項目を一通り検査されることをオススメします。

軽自動車の場合、スピードメーターの誤差が出ていることが多いので、検査場のメーターで40kmの時の車のメーターの値をおぼえておき、その数値の時(ボタンまたはパッシングライト)をする裏技も知っておいた方がいいです。(決して検査官には言わないでくださいよ)「初めてです」と言えば、検査ラインにつきっきりで教えてくれます。


3、
車検場まではナンバー無しですので、市役所で臨時運行票(仮ナンバー)をかりて車に乗っていきます。



軽自動車 車検 Q&A トップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。